読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネータイムズ

カードローンから、世界の世情を表すニュースまで。

クレジットカードで買い物するのは借金と同じ 「カード払い」のメリットなんて存在しない

最近、世間の風潮として、「クレジットカードでお金を払うのはかっこいい」というものがあります。

「大人たるもの、クレジットカードくらい持っていないと」なんて人がいるくらいです。博報堂の調査にも、クレジットカードを使うことに抵抗が無い人の割合が年々増しているデータが出ています。

seikatsusoken.jp

しかし私はずっと思っています。「クレジットカードを使って支払いを行うのなんて、借金で得たお金を使うのと変わらない」と。

クレジットカードで支払うのにメリットを感じるのは、ハッキリ言って間違いです。

ポイントやマイルを目当てに買い物するのは「無駄」です

f:id:cardloantimes:20161216104722j:plain

クレジットカードでお金を支払うと、その支払い額に応じて、様々な用途で使える「ポイント」が手に入ります。またはカードによって、空の旅などで使える「マイル」が手に入るカードも多いです。

「現金での支払いでは手に入らないポイントやマイルが手に入る」と喜び勇んでクレジットカードを使う人が多いですが、そのメリットはまやかしです。

なぜなら、「ポイントやマイル目当ての買い物」より、「そもそも買い物しない」方がお金が減らずお得だからです。

ポイントやマイルの還元率なんてせいぜい1%そこら。数十円や数百円のために、いったいどれくらいのお金の損失が生まれていますか?

クレジットカードで得られるメリットなんて存在しません。むしろ、無駄遣いの引き金にしかならず、デメリットの面の方が大きいと、私は思っています。

経済を回しているという声もあるが…

「クレジットカードでの支払いで、消費活動が活性化して、日本経済が回る」なんてメリットを提唱する人もいるでしょうか?

しかし、あなた一人の買い物や買い渋りで、いったい経済にどれほどの影響が出るのでしょう。

それなら、あなたが普段の労働にもっと熱心に励んだほうが、社会に良い影響が出るのでは?

クレジットカードで支払う仕組み

「カード払い」を行うと、どういったシステムでお金が支払われるか考えてみましょう。

カード払いを行うと、その支払いをカード会社が肩代わりします。カードの持ち主はその時点では一円も支払いません。

カードの持ち主がその代金を実際に支払うのは、カードごとに設定された「カードの利用料支払日」です。通常、翌月や翌々月であることが多いですよね。

これは借金したお金で支払うのと同じ

これは、支払うお金をカード会社から借りるのと何も変わりません。

支払いの時点で手持ちのお金が無かったとしても、カードさえあれば数十万から数百万円支払う能力があるのです。手持ちどころか、銀行にお金が一円も入ってなかったとしてもです。

これはあまりにも危険です。意識が違うだけで、「借金している」のと何も変わりません。あまりにも愚かです。

クレジットカードを持つことで、気が大きくなっているのでは?

f:id:cardloantimes:20161216104818j:plain

クレジットカードを財布に入れているのは、たしかに安心でしょう。

本来ならば自分が持ちようもない、何十万円ものお金が財布に入っているのと同じですからね。

でも、自分の管理が少しでも甘くなるとそのカードの使いすぎで、すぐに生活は破綻します。勘違いしてはいけません。そのお金はクレジットカード会社のお金であって、「あなたのお金」ではありません。

そして、カード保有者の多くがその「カード管理能力」が乏しいのも事実。もう一度、自分に見合ったカードの使い方が出来ているか、その胸に聞いてみてはいかがでしょうか?

クレジットカードはもはや害悪

しかも、おそろしいことにクレジットカードにはそのものずばり「キャッシング機能」がついています。

「借金して買い物」だけでなく、もはや「借金そのもの」も可能なのです。この「クレジットカード」によって、いったい何人の生活が破綻したのでしょう。

クレジットカードの存在は、もはや社会にとって害でしかありません。

自分の金銭管理能力に少しでも不安があるなら、はっきりいって持つべきではないと、常日頃から私は考えています。