読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネータイムズ

カードローンから、世界の世情を表すニュースまで。

カードローンで借りたお金を賢く使って人生をより良いものにしましょう

カードローンで借り入れたお金は、借り入れた本人が自由に使っても良いお金だということを、みなさんはご存知でしょうか?

マイカーローンや教育ローンなど借り入れたお金の使いみちが限定されるローンが多い中、借りたお金を自由に使うことができるローンは、カードローンとフリーローンくらいなものです。

フリーローンは振込での借り入れですが、カードローンはカードさえあればいつでもATMから借り入れ可能なことを思えば、利便性はフリーローンよりさらに上です。

上手にカードローンを活用して、あなたの人生をより良いものにしてください。

 

カードローンで借りたお金は本当に自由に使えるのか?

f:id:cardloantimes:20170413155726j:plain

まず、カードローンで借りたお金は本当に好きに使って良いのか?という疑問にお答えします。

これは間違いありません。本当です。

私の友人が、カードローンで借りたお金でパチンコしてたのを見たので、これはわかっています。

借りたお金をどのように使っているのか、消費者金融や銀行が見張ることは実質不可能です。借りたお金で犯罪でも起こさない限り、債権者側から怒られるようなことは無いはずです。

カードローンを活用する例1:手持ちが足りなくてずっと我慢してた買い物

「カードローンで借りたお金は自由に使える」このポイントを活かしたお金の使い方でおすすめしたいのはまず、「ずっと我慢してた買い物」を行うというものです。

金額が大きい買い物となれば、「クレジットカード」での買い物も思いつくかもしれませんが、金額が大きい場合利用する「リボ払い」は危険です。

リボ払いで支払いを続けるくらいなら、「カードローン」の方が金利が低く、はるかに安全です。

大きな金額の買い物のタイミングで行うカードローンの借り入れは、かなりおすすめです。

カードローンを活用する例2:借りたお金で宝くじを買う

借りたお金で宝くじを買うこと、考えたことあるでしょうか。ギャンブル性の高いカードローン利用となってしまいますが、ギャンブル目的のカードローン借り入れもまったく禁じられていません。

うまく当てれば、大きなバックを期待できるため、あながち悪い考えでもないと思います。

「勝負時」を感じている方は、カードローンで借り入れたお金で宝くじの購入も、一度考えてみて良いのでは?

カードローンを活用する例3:思い立ったその瞬間に遠出

あなたはもしかして、日々の日常生活の中で鬱憤が溜まっているのでは?

鬱憤が溜まっているのは、現代社会人のほとんどがそうです。私もそう。みんなそうなのです。

そんな毎日が続いていると、頭をかすめる思いが「どこか遠くへ行きたい」というもの。

そんな時にもあなたを助けるのが、「カードローン」です。カードローンは即日融資に対応しているものも多いので、会社に行く電車を降りて、その日のうちにお金を借りて、借りたお金で遠出…なんてのも良いのでは。

カードローンを活用する例4:足りない生活費の補填

生活費が足りなくなると、食費、光熱費の不足によって、極端に言えば「生命の危機」にひんしてしまいます。

生命維持のためにも、借り入れ目的自由なカードローンを利用して「生活費の補填」を行ってください。

カードローン利用者の借り入れ目的第一位が、この「生活費の補填」です。

再びクレジットカードの例を出すと、クレジットカードのキャッシングも同じく借り入れる目的が自由ですが、継続的に借り入れる予定があるなら「カードローン」の方が借りやすく返しやすいです。

カードローンを活用する例5:お金が財布に入っている感覚を知る

カードローンでお金を借りて、そのお金を一度財布に入れてみて、「お金持ち気分」を味わってみるのはいかがでしょうか。

お金の感覚に疎い人。お金を持っている感覚から遠い人は、不思議とお金に恵まれません。お金をたくさん持っているのはどんな気分か、一度知ってみると、お金が身体に馴染んで自然とお金持ちになれるかもしれませんよ。

カードローンで借りたお金を即日返済すれば、一切利息は請求されません。

ちょっとした余暇の息抜きに、「カードローンでお金持ち気分」を味わってみるのはいかがでしょうか。

f:id:cardloantimes:20170414110235j:plain

「人生を好転させるきっかけ」としてのカードローン利用も検討してください

「使えるお金が少ない」と嘆いて、自身の選択肢を狭めたままでは、あなたの人生が小さくなってしまいます。

その後の人生ずっと、カードローンに頼るような生活では良くないです。ですが、「人生を好転させるきっかけ」としてカードローンの借り入れを行うのは悪くないと思います。

上手にカードローンを使って、その後の人生をより良いものにしてください。