読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネータイムズ

カードローンから、世界の世情を表すニュースまで。

休日を家で過ごして無駄にするくらいなら「競馬場」に行ってみよう!

こんにちは。

 

皆さん、週末はいかがお過ごしでしょうか?

 

もしかして「予定もなく家でごろごろしていたら休日が終わった…」なんてもったいない過ごし方をしてはいませんか?

 

f:id:cardloantimes:20170420181433j:plain

それ、本当にもったいないですよ。過ぎた時間は返ってきませんからね。

 

「偉そうなこと言って。じゃあ何すりゃいいんだ」って?

 

そうですね。『百聞は一見に如かず』と言いますし、とりあえず外に出ましょう。

 

そしてまだ行ったことがないなら、ぜひ一度「競馬場」へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

「競馬?ギャンブルはお金がないし無理…」と思考停止する前に、この記事に目を通してください。

 

誰でも競馬を楽しめる4つの理由

f:id:cardloantimes:20170420183006j:plain

まず始めに言えるのは、競馬を100%楽しみたいなら絶対に「競馬場に行かなければならない」ということです。

 

競馬場にいない時点で楽しさは8割減と言っても過言ではありません、マジで。

 

今回は、老若男女誰でも競馬を楽しめる理由について、私自身が個人的に感じたことを皆さんにお伝えしたいと思います。

 

①お金を賭けなくても楽しめる場所

f:id:cardloantimes:20170420175834j:plain

「ギャンブルが嫌」という方に先に伝えたいのは、「競馬場」そのものはお金がなくても楽しめる場所だということです。

 

競馬のイメージとしては「スポーツ観戦」に近いものがあります。

 

競馬場の入場料はなんと「200円」で、レースはすべて自由に見ることができます。

 

けれど馬券を買わずに馬を見るのも良し、馬の写真を撮るのも良し(フラッシュは×)、施設内にある食堂でご飯を食べるも良し、広場や公園で遊んだりデートするのも良いのです。

 

ただなにより、競走馬を生で見たことがない方は、その大きさと迫力に度肝を抜かれること間違いありません。

 

競走馬って大きい馬は500㎏以上あるんですよ。いわばアスリートなわけで、間近で見る馬体は想像よりもめちゃくちゃデカいです。

 

歩いているときは愛らしさすら感じますが、レースになれば一変、競走馬がコースを駆ける音や観客の歓声はスポーツそのものです。

 

②若い男女や家族連れも多い

f:id:cardloantimes:20170420180037j:plain

また、競馬場のイメージとして「怖いおじさん」が多いと考えている方は多いと思います。

 

ただ先ほども言ったように、競馬場という施設そのものが大きいのでまったく気になりません。

 

最近では『UMAJO』等のCMの影響か、むしろ「若い男女」や「家族連れ」が意外とたくさんいることに驚きます。

 

いわば「入場料200円で1日楽しめる大きなアミューズメントパーク」みたいなものです。

 

施設内の公園広場では、タレントさんのトークショープリキュアショーをやっていたりするので、競馬以外にも楽しめるわけです。

 

③有名人を間近で見ることができる

f:id:cardloantimes:20170420194047j:plain

ご存知の方もいるかもしれませんが、タレントの笑福亭鶴瓶さん、瑛太さん、有村架純さんが競馬のCMに出演しているのを見たことはありませんか?

 

CMに出演しているだけでなく、大きなレースの際は実際に競馬場へ来て、間近で彼らを見ることができます。

 

他にも、プロ野球選手の田中将大さん、元選手の佐々木主浩さん、山本昌さんなど、各界の著名人がいることも多いです。

 

また、年に2回ある「天皇賞(春・秋)」というレースでは、天皇皇后陛下が実際に競馬場へおいでになります。

 

④パチンコと違って競馬は「健全」

f:id:cardloantimes:20170420180945j:plain

健全はちょっと言い過ぎたかもしれませんが、競馬は100円から楽しめるギャンブルでもあります。

 

馬券は最低100円から購入することができ、自分で買う金額を調整しながらレース観戦をすることができます。

 

これがパチンコなら、最低でも1,000円以上、平気で10,000円ペースでお金をつぎ込むことになります。

 

何より、パチンコには「当たる」以外の楽しみがありません。それが競馬との大きな違いです。

 

ちなみに極端な例にはなりますが、「競馬はロマン」と言われることがあるように、100円の馬券が思わぬ高配当になることがあります。

 

あるレース(※)では、100円の馬券が「29,832,950円」(約3,000万円)になったことがありました。(※2012年8月4日 5Rメイクデビュー新潟)

 

こんなことは滅多に起こりませんが、100円の馬券が10,000円になることは結構な確率で起きますよ。(実体験)

 

 

 

ここまで読んでみて、いかがでしたか?

 

まだまだ語りたいのですが、『百聞は一見に如かず』。まずは競馬場に行ってみて自分の目で見てみた方が早いです。

 

競馬は毎週行われているので、レースを開催している競馬場へ行けば、目の前で競走馬たちを見ることができます。

 

毎週見ていると、お気に入りの競走馬やジョッキーを見つけて追っていくうちに楽しくなりますし、馬の血統なんかも奥が深いです。

 

昨今では、かの有名な『ディープインパクト』の子どもたちが多数活躍しているので、ぜひ一度生の競馬を楽しみに、競馬場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。