読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンタイムズ

カードローンから、世界の世情を表すニュースまで。

SEO対策は「女性を口説く」のに似ています!SEO対策を極めればモテるかもしれません

普段からGoogleアルゴリズムSEO対策のことばかり考えている私ですが、SEO対策について考えるといつも、「SEO対策と女性を口説くのはよく似ている」と感じます。

最近のSEO対策には、Googleの検索上位に表示される条件に、「検索ユーザーのニーズに応える」という、「情報の充実度」が求められています。

つきつめるとこれは、「意中の女性を口説き落とす」のと似ていると私は考えています。

f:id:cardloantimes:20170302164030j:plain

Googleが求めているのは「ユーザーを口説く」こと

Googleが検索上位に上げる条件として「ユーザーニーズに応えること」を表明していますが、これはつまり、「ユーザーを口説け」ということです。

「自分が目をつけた相手が何を考えているのか」「どんな欲望を持っているのか」を考えて、そのニーズに先回りします。

目の前の女性の思考をロールプレイして、向こうの反応を伺って、適切に行動する。これはまるで街で女性をナンパしたり、どこかのお店で女性を口説いているかのようです。

「ニーズを網羅」するのは、相手の女性が求める条件に一通り応えるということ

また、検索順位向上の条件の中に、ユーザーのニーズを網羅しなくてはならないとSEO界隈では言われ続けています。

これも、「女性のニーズ」に話を置き換えると理解しやすいです。女性が男性に求めるニーズを考えてみましょう。

  • イケメン
  • 高身長
  • 優しい
  • お金持ち
  • 面白い
  • 高学歴

などでしょうか。人によってはもっと多くの「男性に求めるニーズ」があるかもしれませんね。

これらのニーズ一つひとつに応えていくのが、「ニーズを網羅している」ということになります。高身長で、イケメンで、優しくて…目をつけた女性のニーズを網羅している男性なら、そりゃその女性を口説き落とすのも簡単なはず。

目の前の女性を落とすために、「一つでも意中の女性のニーズを応えよう」と思うのは自然なことではないでしょうか?

現実ではこの「女性のニーズを網羅」するのは難しいですが、SEO対策で「ユーザーのニーズを網羅」するのは、Googleのサジェストワードに対応することなどで果たすことが可能です。

女性が求める条件について、下記の記事内でも言及しています。

「年収」と「モテ」の関係について。貧乏でもモテるのか?お金持ちがモテるのか? - カードローンタイムズ

Googleは今やコンテンツに「愛」を求めている

Google社員は以前、コンテンツ製作者の「コンテンツ品質はどうやって向上させたらいいの?」という質問に、こんな答えをしていました。

いかに”愛”があるコンテンツを作るかが重要。コンテンツ作りは愛。愛を持って自分のサービスを作っていってほしい。(一部抜粋)

SEOの親玉たるGoogle社員が、「コンテンツには愛をそそげ」と明言しました。これではっきりしたと言えるでしょう。女性に愛情を注ぐかのように、愛をもってSEOと関わることで、検索上位を狙うことができるということが。

Googleの求める愛」については、最近書いた過去記事の中でも言及しているので、そちらも読んでみてください。

Googleはコンテンツの「愛」を理解するアルゴリズムを作ったのか?そうは思えません - カードローンタイムズ

意中の女性と対話するかのように慎重に、愛をもってSEO施策を行うのが、最近のSEOトレンドだと言えるでしょう。現に、検索上位に上がっているページは、とても手が混んでいて「相手のニーズに応えよう」という意志を感じます。

検索上位に表示される=モテている

検索上位、とりわけ検索順位一位に表示されているということはつまり、「モテている」ということです。

「ユーザーの検索ニーズを網羅している」「たくさんのサイト訪問者が訪れている」「色んな人にリンクを張られている」「SNSで拡散されている」

これらの検索上位に上がるための条件を言い換えると、

「女性のニーズを網羅した理想的な男性」「多くの女性が男性の元に会うために訪れている」「色んな人からいい評判が集まっている」「思わず友人・知人に紹介したくなるくらい魅力的な男性」

とも言えます。

つまり、「どうすれば検索上位を狙うことができるのか?」を知るには、「どうすれば意中の女性を落とすことができるのか?」を考えれば良いということです。

SEOについて詳しくなればなるほど、モテモテになるかもしれませんね(笑)