読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カードローンタイムズ

カードローンから、世界の世情を表すニュースまで。

クレジットカードで払うメリットについて。現金でお金を払うのは損ですよ

この夏から、マクドナルドが「クレジットカード払い」に対応するそうです。

マクドナルド、カード払い 今夏から全店で 訪日客に対応 海外の電子マネーも :日本経済新聞

ファストフード店は、様々な理由から、「クレジットカード払い」を嫌がるお店ばかりでした。ですがついに、ファストフード店の代表格「マクドナルド」が、クレジットカード払いに対応しました。

理由は今後オリンピックなどで増える「外国の観光客増加」に対応したことなどが理由として真っ先に上げられるでしょう。

私も普段の生活でできるだけ「クレジットカード払い」を行いたいと思っていたので、これはありがたいニュースでした。

というか私はそもそも、現金で払うよりもクレジットカード払いの方が、はるかにメリットがあると思っています。

f:id:cardloantimes:20170324110453j:plain

「クレジットカードがあってよかった」と思う場面

クレジットカードで支払いを行うと、その支払額に応じてポイントやマイルが貯まることはご存知のはず。その時点で、何のポイントも貯まらない現金払いよりお得なのですが、もう少し想像しやすいように、クレジットカードが役立つ場面を厳選して紹介します。

デート

これは男性に限った話になってしまうのですが、異性とのデートでクレジットカードは大活躍します。

デートで行ったレストランでお金を支払う際、颯爽と財布からクレジットカードを取り出して、そのカードで行う支払い。想像するだにスマートですよね。

特に初デートでは、女性は男性に厳しい目線を送り「値踏み」します。その値踏みの基準の中には、「金銭能力」も含まれています。逆にちまちま現金払いをしている姿は、とても貧相で格好悪いです。「割り勘」なんてもってのほかですよ。

女性から男性への格付けについては、過去記事の中でも触れています。

「年収」と「モテ」の関係について。貧乏でもモテるのか?お金持ちがモテるのか? - カードローンタイムズ

大人数の飲み会

f:id:cardloantimes:20170324110635j:plain

友人間で行う「大人数での飲み会」でも、クレジットカードが活躍します。人数の多い飲み会だと、支払うお金も高額になってしまうもの。その支払いを代表して、クレジットカードで行うことで、自分は一円も損してないのに多くのポイントをゲットできるというわけです。

映画館での映画鑑賞

映画館で映画を見るときも、今や「クレジットカードは必須」です。

最近の映画館の多くは、ネットから座席予約が可能です。座席予約の際には先にお金を支払うことになり、そこでクレジットカードが必要となるのです。

先に座席を取っておけば、後から「座席が空いてない」なんて事態を避けられますし、良い場所を先に選び放題ですよ。

 

いかがでしょうか。ここで紹介した以外にも様々な場面でクレジットカードは活躍します。日々の支払いをクレジットカード払いに切り替えることで、「金銭管理能力」も高くなりますしね。

というのは、目に見えないものを頭で想像して、その想像上のお金を管理することで、自身の認知能力を高めることに繋がるのです。

あなたの周囲の「仕事ができる人」は皆、クレジットカード払いを行っていると思いませんか?

現金で支払うのは単純に損

f:id:cardloantimes:20170324110900j:plain

よくネットや雑誌など様々なところで、「クレジットカードを使うのは得」だという意見が流れます。

まあ確かにお得なのは間違いないですが、私はむしろ「現金払いは損」とまで言い切ってしまって良いと思っています。

現金払いは、「クレジットカード手数料」まで支払っている

ご存知の方も多いでしょうが、クレジットカード支払いに対応しているお店は、クレジットカード会社へ「クレジットカード加盟金」を支払っています。

お店にとって、これは大きな負担です。商売を行う店舗側としてはその、加盟金という「損失」を見越した値段設定を行うことも多いはず。

クレジットカード手数料がかかってしまっても得になる値段設定。つまり必要以上に少し高めの設定を行うお店はが、実は多いのです。それは飲食店でも、小売店でも同じです。

それらのお店で、クレジットカードでの支払いを行う人は良いのです。クレジットカードを使ったとしても、ポイントやマイル、その他様々な優待特典を受けられるので、少し高めの値段でも問題なくお得でしょう。

問題は現金払いを行う人です。何の優待特典もなしで、いたずらに高いお金のみ請求されてしまっているからです。

現金払いで得られるお得は、現金管理が容易であることで感じられる「安心感」くらいでしょうか?

リテラシーの低さを露見するのはやめて、クレジットカードを作りませんか?

普段、時折友人知人とする会話でこんなものがあります。

「クレジットカード何使ってる?」

「あー俺、クレジットカード持ってないんだよね」

こんな言葉を聞くたび私は、「ああ、この人は普段何も考えずぼんやり生きている人なんだな」と思ってしまいます

こう思っているのは何も私だけではありません。一定以上の常識を持ち合わせている人なら、誰しも同じようなことを考えているのです。

もういい年した大人だったら、「自分は社会的に弱い」という表明はなるべくしないようにするべきです。

三井住友VISAカードでも、アメリカン・エキスプレス・カードでもかまいません。社会で一定以上認められる格のクレジットカードを作りましょう。

それが社会人として恥ずかしくない、「大人の流儀」というものでしょう。

20代半ばを過ぎて分かった!お金をかけて良かったと感じる8つのこと

先日「一人暮らし8年目にしてお金の無駄遣いだと感じた8つのこと」という記事を書いて、改めて無駄遣いの多い人生だったと反省をしていました。

 

すると同じように一人暮らしで不要な家具・家電を紹介してくれているブログを発見。

 

navygrapewalk.hatenablog.jp

 

すっごい共感です

 

特に座椅子ね。

 

友達の家を思い返しても、座椅子持ってるやつはもてないです。

 

グリーンカラーの座椅子持ってるやつは最悪です。センス0です。

 

ただ不要なものを教えてくれる人はいても、お金をかけるべきものを教えてくれる人ってなかななかいなくないですか?

 

そこで今回は20歳半ばを過ぎた私が、「お金をかけてよかった」と感じた8つのことを紹介していこうと思います。(具体的な年齢はまたの機会に)

 

こつこつと節約に励んでいる一人暮らしの方!ぜひご一読ください。

 

レースカーテン

f:id:cardloantimes:20170323163942j:plain

 

これは絶対にあった方がいいです。

 

お金が勿体ないからと厚手の方だけで済ませてる人もいますが、まじで病気になりますよ。

 

私も一時期厚手のカーテンだけで暮らしていたのですが、日中も日差しが眩しいので一日中カーテンを閉めていました。

 

これがかなり精神衛生上良くない。

 

太陽の光を浴びないと、本当に体内のバランスがおかしくなっていきます。

 

長期休暇になれば引きこもるぞ~と思っている人こそ、レースカーテンで何とか太陽の光を浴びて欲しいです。

 

 

f:id:cardloantimes:20170323163956j:plain

枕は高い方が絶対にいいですね。

 

さすがに数万円するものに手を出す必要はないですが、3000円出せば人生が変わります。

 

私も肩こりに悩んで3000円の枕を購入しましたが、劇的に体調が良くなりました。

 

寝つきもかなり良くなった気がします。

 

オフィスワークの人は特に枕はこだわるべきです。

 

新品の本(紙)

 

f:id:cardloantimes:20170323164020j:plain

本を買うなら中古でも電子書籍でもなく、新品の紙の本を買うべきだと思います。

 

人間はどうしても簡単に手に入れたものはないがしろにしてしまいますからね。

 

自分で書店に行って、お金を払って買った本はやっぱり頭に入ります。

 

それに新品の紙の本であれば、読み終わった後は売ることもできるので、半分ぐらいはお金を取り戻すことができるので、そんなにお金もかかりません。

 

包丁

 

f:id:cardloantimes:20170323164028j:plain

自炊をする人は包丁にはこだわりましょう。

 

料理の負担が全然違います。

 

ときどきプラスチックの包丁使っている人も見かけますが、肉とか絶対切れないですよね?(笑)

 

良い包丁であれば生肉もさくっと切れるようになり、料理の味も向上しました。

 

5000円ぐらいの包丁でもかなり違ってくるので、一度ホームセンターで探してみることをおすすめします。

 

タクシー代

 

f:id:cardloantimes:20170323164037j:plain

タクシー代をけちって始発まで待っている人、

 

もったいないのでタクシー乗りましょうよ

 

私は1万円までであれば、タクシー乗って帰るようにしています。

 

始発で帰って次の日の予定を潰すくらいなら、1万円払って家に帰って寝ます。

 

中には終電逃したからカラオケで時間潰すとか言い出す人もいますからね。

 

カラオケで3000円使うなら、1万円円払って帰りましょう。

 

時間はお金じゃ買えないです。

ティッシュ

 

f:id:cardloantimes:20170323164050j:plain

花粉症のシーズンですが、ティッシュは高いものを使いましょう。

 

安いティッシュで鼻をかんでると、すぐ鼻の下が痛くなりませんか?

 

高いティッシュだと全く痛くならないですよ。ノーダメージです。

 

高いとっても鼻セレブ3個パックで500円程度ですからね。

 

普段使っているティッシュと数百円しか変わんないです。

 

今あなたが鼻の下が痛いとして、数百円で治るなら払いますよね?

 

だったらティッシュにお金をかけましょう。

 

散髪代

 

床屋で髪切ってる人は美容院へ行ってください。

 

旅行

 

f:id:cardloantimes:20170323164105j:plain

旅行はどんどん行くべきですね。

 

そして思い出を残していくべきだと思います。

 

5000円払えばスキューバダイビング付きのプランになる?

 

払いましょうよ。

 

どんどん写真も撮りましょうよ。

 

僕は小学生~高校生の頃の写真が一枚もないので、こう…心にぽっかり穴が空いてるんですよね

 

 

 

f:id:cardloantimes:20170323164245j:plain

 

 

 

大人になった今、本当に思い出ってお金にかえられないものだと実感しています。

 

一緒に旅行に行ける人がいるなら、どんどん行った方がいいと思います。

 

いない人は…行っても行かなくてもいいと思います。一人旅したことないんで分かんないです。

 

 

いかがでしたか?

 

今回は私が30年近く生きてきて、お金をかけて良かったと思ったものを紹介してみました。

 

もちろん節約することも大切ですが、使う所で使わなければ働く意味もないですからね。

 

これから新生活を始めるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

一人暮らし8年目にしてお金の無駄遣いだと感じた8つのこと

f:id:cardloantimes:20170317165756p:plain

あなたは給料日前になると、「何でこんなにお金が無いんだろう…」と毎月悩んでいませんか?

わたしも以前は給料日前になると、Suicaを解約してデポジット代の500円を手に入れたり、ベッドをどかして落ちている小銭を集めたりと大変ひもじい思いをしていました。

 

しかし、それも昔の話です。

 

今では給料日直前でも普通にスタバでコーヒーを飲めるまでに成長しました。ショートではなくトールです。おかわりチケットおいしいです。

これもひとえに、無駄遣いが圧倒的に減ったおかげだと思います。

 

そこでこの記事では一人暮らし8年目を迎える私が、過去を振り返ってみて無駄遣いだったと感じたことを紹介しようと思います。

 

~豆知識~

Suicaを作る際には、デポジット代として500円取られます。解約することでこの500円は返還されるので、本当にお金に困ったときにはおすすめです。

 

今思えばお金の無駄遣いだった8つのこと

一人暮らしの洗濯機は無駄!コインランドリーの方がコスパが良い!

f:id:cardloantimes:20170317164620p:plain

一人暮らしに洗濯機はいりません。絶対にコインランドリーで済ませた方がコスパはいいです。

コインランドリーであれば1回300円で洗濯することができ、週に1度洗濯したとしても1カ月で洗濯に1200円程度。一年間でも14,400円しか使いません。

 

洗濯機を買うとなれば、安いものでも3万円ぐらいはかかってしまいます。

さらにそこから水道代・電気代・洗剤代が追加でかかることになります。

一度洗濯機を買ってしまえれば、元を取るには3年ぐらいかかってしまうんです。

また家で洗濯するとなれば、梅雨時期には外に干すことができませんが、コインランドリーであればそのまま乾燥機にかけることもできます。

 

どうですか?コインランドリーの方が良くないですか?

 

私の場合コインランドリー(学生)→洗濯機(社会人1~3年目)→コインランドリー(現在)と移り変わってきましたが、コインランドリー生活の方がやっぱり楽でした。

 

コインランドリーなら、待っている間に置いてある漫画をタダで読むこともできますしね。

オーナーの趣味にもよりますが、置いてある漫画のラインナップはラーメン屋と似ています。

私は学生時代コインランドリーでゴルゴ13を読み倒し、世界情勢についてかなり学べることができました。

こんな風に空いた時間を有効活用できるというのも、コインランドリーの魅力です。

自炊は難易度が高すぎる、貧乏人は弁当を食べよう

f:id:cardloantimes:20170317165224p:plain

「お金 節約」などネットで検索すると、みんな口をそろえて自炊をおすすめしてきます。

しかし一人暮らしで自炊をして節約するなんて、よっぽど料理の腕・知識がないかぎり無理です。

 

私も最初のうちは自炊にチャレンジしていましたが、買ってきた野菜をどんどん腐らせていくだけでした。

結局パスタしか食べなくなって、感情を失ってしまいます。

 

  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • じゃがいも

 

 

 

 

 

 

 

f:id:cardloantimes:20170317165250p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

↑この3つの食材を見てカレーしか思い浮かばなかった方は、自炊での節約は諦めた方がいいです。きっと具材を腐らせて終わってしまいます。

第一、余った食材を有効活用できるほど節約意識の高い人であれば、給料日前にお金に困るなんてことないと思います。

 

節約したいのであれば素直に安い弁当を食べるのが一番です。

 

格安スマホを使わない人は固定観念を捨てよう

f:id:cardloantimes:20170317165424p:plain

「まじでお金がない」って言ってる人にかぎって、iPhone持っていませんか?

しかもiPhone持っているのに、アプリはゲームしか使っていなかったりしませんか?

おそらく、そういった多くの人は、

 

格安スマホ=不便

 

という固定観念を持っているんだと思います。

最近の格安スマホは普通に通話できるし、ネットも見放題だし、どこにいても電波は届くし、普通のライトユーザーであれば不便することはありません。

私も2年前まではiPhoneを使っていましたが、無駄な出費があほらしくなって格安スマホに乗り換えました。

毎月iPhoneに1万円近く払っていたのが、格安スマホに乗り換えれば3000円程度で済むようになり、かなり生活は楽になりましたね。

何となくという理由でiPhoneにこだわっている方は、固定観念を捨てて格安スマホに乗り換えてみてください。

 

そして浮いたお金を貯めて、ノートパソコンを買いましょう。

 

20歳を過ぎるとTVゲームの費用対効果は低すぎる

f:id:cardloantimes:20170317165515p:plain

20歳を過ぎるとTVゲームを買うお金が無駄に感じるようになりました。

昔のように時間を忘れて楽しめることができる人ならいいのですが、20歳を過ぎると2~3時間やってしまえば、途端にだるく思うようになってしまったからです。

 

そして気づきました。

 

大人になるとTVゲームって娯楽として費用対効果がかなり悪い、と。

お金に余裕がある人ならいいですが、お金がない人が数時間のために何千円も払うのは、やっぱり勿体ないです。

最近はAmazonで簡単にゲームも変えるので、勢いで買っちゃう人も多いと思います。

ただ買う前にYouTubeとかニコニコ動画とかで、一回プレイ動画を見てみましょう。

実況者の声を聞いているうちに、ゲームをやりたいという気持ちも失せていくはずです。

 

帰省=親孝行は間違いです、呼んだ方が喜びます

f:id:cardloantimes:20170317165542p:plain

地方から出てきた人にとって、痛いのが帰省のための出費です。

私もそうでしたが帰らなければ親不孝をしている気がするし、正直やめたいと思いつつ帰っている方も多いのではないでしょうか。

 

ただ親にとって大切なのは、家に帰ってくることじゃなくて、子どもが顔を見せることなんですよね。

ということでお金に苦しいなら、行くんじゃなくて来て貰う方がいいですよ。

親にとっても旅行できるし、案外こっちの方が喜ばれます。

 

タバコに中毒性はありません、気のせいです

f:id:cardloantimes:20170317165559p:plain

私は20歳から25歳までタバコを吸っていましたが、お金の無駄だなともってやめてしまいました。

1週間に1箱でも1カ月で2000円近い出費ですからね、結構な出費です。

別に健康のためでも、家族のためでもなく、思いつきに近い形でやめてしまいましたが、私の場合、ニコチン中毒などは一切ありませんでした。

辞めてから一年近く経ちますが、煙草を吸いたいと感じたことは一度もないんです。

人によるとは思いますが、タバコに中毒性があるというのは結構思い込みが大きいんだと思います。

いざやめてみると、大して何も感じないという方は多いと思います。

タバコをやめることはできないと思い込んでいる方は、一度軽い気持ちでいいんでやめてみることをおすすめします。

 

1回のデートに1万円以上かけるのは負け

f:id:cardloantimes:20170317165623p:plain

これまでの経験上、デートでお金を奮発して良かったな、と思うことって殆どないです。

だって今付き合っている彼女/彼氏はいずれ(かなり高い確率で)別れてしまいますからね。

 

別れた恋人にお金を使ってよかったな、と思えるケースってすごく稀だと思います。

もしお金を使わなければ良好な関係を続けられないのであれば、尚更お金を使うべきではありません。いずれそう遠くない未来に二人は他人になっているはずです。

もちろん好きな人には色々してあげたくなるものですが、少し落ち着いて「別れた後に後悔しないかな?」という考え方も持って欲しいです。

お金を使うにしてもプレゼントなど一方的に与えるのではなく、2人で楽しめるものにお金を使うべきだと思います。

漫画を買い揃えるのは友達が喜ぶだけ

f:id:cardloantimes:20170317165644p:plain

 面白い漫画を見つけたらすぐに買い揃えてしまうという方はいませんか?

 私も「グラップラー刃牙」や「NANA」など、若い頃はつい新品で買い揃えていました。

でも漫画を買い揃えても、本人には何のメリットもないんですよね。

あんまり漫画って何度も読み返さない、というか読み返す時間って凄くもったいないですから。

家に漫画を買い揃えても喜ぶのは遊びに来た友人だけなんですよね。

それに漫画ってかなりスペースを取るので、占領スペース/家賃で考えると実質的に漫画を買い揃えるコストってかなり高いです。

最近は面白い本を見つけても、レンタルをするだけで買うことはしないです。

本があると引っ越しも大変ですからね、漫画を買う際は今後の負担も考えなければならないと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回は私が一人暮らしを8年続けて、お金の無駄だと感じたことを紹介しました。

お金の使い方は個人の価値観がかなり関わってくるので、人によってお金を使うべき対象の優先順位は異なると思います。

ただ生活環境や周囲の人たちだけを見て、変な固定観念にしばられてしまうのはよくありません。

給料に前に金欠になりがちという方は、ぜひ私の実体験を参考にしてみてください。

 

生きてる意味がわからない?それはあなたが「貧乏だから」です

話題の記事

こんな記事が、今週はてな匿名ダイアリーで多くのブックマークを集めていました。

anond.hatelabo.jp

記事の中には完結な、

からない

もうほんと生きる理由がわからない

という2文のみ。

この2文のみの記事が、700ブックマークという多くのブックマークを集めていました。ということは、この2文がそれだけ多くの人の共感を呼び、多くの人の反感を買ったということ。

かく言う私も、この意見を見て少し言いたい事が思い浮かんだので、ブログに綴ろうと思った次第です。

f:id:cardloantimes:20170317105905j:plain

生きる意味はそもそも「無い」

大前提として、私はそもそも生きる意味なんて「無い」と思っています。これはネガティブな言葉のように聞こえますが、別に悪い意味ではありません。

つまり私は今世を生きていく上で、何か生きる目的、「生きがい」を見つけるのに必死になる必要は無いということが言いたいのです。

人生の帰路に立たされて人生に悩むことがあっても、「こんな自分にも、きっと何か生まれて来た理由があるはず」なんて事を考える必要は無いのです。そんな意味の無いことを考えるのなんて、間違いなく地球上で人間だけ。他の生き物は日々生きるので精一杯だからです。

私の好きな落語家、立川談志がこんな言葉を残しています。

 私も、詰まるところ、人生なんてそんなもんだと思っています。

お金持ちは「生きてる理由」なんかで悩まない

はっきり言って、そんな「生の惑い」はお金で解決します。

どこかの実験で、うつ病で苦しんでいる人にお金をあげたら、うつ病が治った、みたいな記事を読んだことがあります。

多くの苦しみの根源は「お金がない事」に由来するのです。

日々の鬱蒼とした気分も、抑うつ状態も、死にたいその気分もすべて「お金」が解決してくれるのです。

どうしてお金が暗い気分を明るくするのか?

ではどうして、お金があれば暗い気分を解消することができるのか。

それは簡単です。「お金を持っていること」の満足感、そして「お金を使うこと」はおしなべて快感だからです。

人間の脳みそはとても単純な構造をしています。「気持ちいい」と感じていれば、それだけでハッピーなのです。

お金があれば、その「幸せ」を手に入れる選択肢が広く開かれます。

そんなハッピーな人間の脳みそからは、「生きている意味がわからない」なんて発想が出てこなくなるのです。

気分が落ち込んだらどうすれば良いのか?

f:id:cardloantimes:20170317110144j:plain

最初に貼った記事を書いた人が、中学生や高校生など「学生」でもない限り、「生きている意味がわからない」悩みから開放されるのは簡単です。

「自由にお金を使えばいい」のです。

ずっと、「生きている意味がわからない」なんて鬱蒼とした気分を放っておくのは危険です。そんな気分のまま日々を過ごしていると、うつ病に発展しかねません。

早い段階で一度、騒がしく忙しい日常から離れて、自由にお金を使ってみることです。日常から離れるのは、何も長い期間である必要もありません。2,3日程度ほんのささいな休暇を取って、たまの贅沢を楽しむだけで、きっと気分はリフレッシュするはず。もう再び「生きてる意味がわからない」なんてとりとめのない内容で悩むことも無くなるでしょう。

日常から離れて遠出する旅行なんて、気分をリフレッシュさせるのに最適ですよね。

貯金が無いならカードローンでもいいじゃないですか

「お金を自由に使えって言っても、貯金も無いし、給料も安いし」なんてことを思っている方も多いはずです。

それならいっそ「カードローン」で借金してお金を得てもいいじゃないですか。

思い立ったら近所の無人契約機でカードローン契約を結んで10万程度借りたっていい。友人や家族にお金を借りて、他人に迷惑をかけるのよりずっとマシです。

どうせ何したって自分の人生、人からとやかく言われる筋合いはありません。

自由に好きなタイミングで借金するのだって勝手だと思いませんか?

「生きる意味」を考える時間で「お金持ちになる」方法を考えましょう

f:id:cardloantimes:20170317110218j:plain

「どうして生きてるんだろう」なんて考えている時間は、ハッキリ言って無駄です。

悩んだOLがたまに京都とかでやる「自分さがし」くらい無駄。

日々の生活で苦しいと感じたなら、自分の未来のためにも「お金を稼ぐ手段」について考えてみましょう。

株式投資でも良いですし、少ない手持ちから始められるFXでも良いです。

そんな技能を会得するのが煩わしければ、すぐ始められる「副業」を始めるなんてのも良いかもしれません。

とにかく悩んで時間を無駄にしている場合ではありません。お金を稼ぐために行動を開始してください。

「お金持ち」と「貧乏」な人の間で平等なのは、「時間」だけなのです。時間を無駄にしないことを基点に、これから生きてみようじゃありませんか。

 

いかがだったでしょうか。今回は、「自由に使えるお金があれば、生きている意味がわからない」なんてことで悩む必要はない…というお話しをしました。今後もし人生で悩んだら、同時に自分の金銭状況を思い返してみてください。

フィンテックの進化で生活はどう変わる?クレジットカードは消えるかもしれません

f:id:cardloantimes:20170310115712p:plain

先日気になるニュースを見かけたので、まずは共有します。

 

三井住友銀行フィンテックに力を入れているベンチャー企業へ、個人の口座情報へのアクセス権を与えるというニュースです。

 

www.nikkei.com

 

 フィンテックっていうのは「Financial(金融)」と「Technology(技術)」を組み合わせた造語のことで、IT技術を使った新しい金融サービスと考えればOKです。

 

最初に紹介したニュースによると、三井住友銀行はこれからフィンテック企業との連携を広げていき、ECモールの買い物も口座引き落としで簡単にできるようにするみたいです。(これはすごく便利!)

 

フィンテックの可能性を広げるうえで、銀行がどこまで情報開示するかは重要な鍵だったので、三井住友銀行はよく決断したなと思います。この試みが成功すれば、他の銀行もどんどん続いていくでしょう。

 

そこで今回は今後フィンテックの進化によって、金融業界はどう変わっていくのか紹介していこうと思います。

 変化①カードローン・クレジットカードの審査が秒単位になる

f:id:cardloantimes:20170310115831p:plain

 信用情報みたいに、個人の口座情報もあらゆる金融機関が共有できるようになれば、カードローン・クレジットカードの与信審査は秒で終わるようになりますね。

 

申し込んだ人が毎月いくら貰っていているのか、貯金はあるのか、金遣いはどれくらい荒いのか。

 

口座を見ればお金の動きは一発で分かるようになるので、機械が自動的に審査できるようになっちゃいます。

 

おそらく、銀行カードローンやクレジットカードの審査は、申し込んでから数秒で答えが出るようになると思います。

 

そして審査に通らなかった人たちが、サラ金や街金へ流れていくようなシステムですね。

 

普通に生活している人にとってはより便利に、お金のない人にはよりシビアな世界になっていきそうです。

 変化②そもそもクレジットカードがなくなる説

f:id:cardloantimes:20170310120549p:plain

 というか口座情報がリアルタイムで共有&入出金できるようになれば、クレジットカード自体要らなくなりますね。

 

今クレジットカードが重宝されているのは、企業にとってリアルタイム決済が楽だからです。

 

ユーザーによっては口座から即座に引き落としできるなら、そっちの方が便利ですよね。

 

今なら口座引き落としで決済するには、いちいち口座振替依頼書が必要になるので、かなり面倒です。

 

ただしフィンテック技術で、口座情報がリアルアイムで共有&更新できるようになれば、いちいち口座振替手続きを踏む必要もありません。直接企業がリアルタイムで口座からお金を引き落とすことができるようになります。

 

クレジットカードは顧客と企業の間に立って、口座振替の手間を一手に引き受けているだけなので、手間がなくなってしまえば存在意義もなくなってしまいます。

 

ポイントサービスやリボ払いサービスも、絶対に銀行がやるようになりますからね。

 

ん~、考えれば考えるほど、本当にクレジットカード消滅の危機のように思えてきました。

 変化③FXでリアルタイムで無一文になる?

ただ口座の情報が共有されるようになれば、債務の返済もすぐに行われるのでしょうか。

 

たとえばFXでロスカットして追証出しちゃったら、リアルタイムで生活用の口座からお金が引き落とされるようになるかもしれないですね。

 

これは怖い(笑)

 

今なら追証が出たとしても、すぐに口座が凍結されることはないので、当面の生活に困ることはありません。

 

たとえ数億借金作っても、しばらくは普通にご飯を食べることができます。

 

ただリアルタイムで口座から引き落とされるようになれば、スリルは段違いですね!

 

レバレッジでやってる人は、失敗すれば即座に無一文に!

 

フィンテックが進化した社会では、逆に現金を持っておくことこそが大切になるかもしれません。

 

変化④運転データの共有で保険料も変わる!?

f:id:cardloantimes:20170310120757p:plain

 最後に今回フィンテックを調べて一番びっくりした最新技術を紹介します。

 

なんと車の運転データをデータベースで解析して、月々の保険証の設定ができるようになるそうなんです。

 

普段からどれだけスピードを出すのか、また急ブレーキを何回踏むのかなど、運転情報がデータベースに送信され、蓄積された情報をもとに属性を分類、振り分けられた属性ごとに保険料を設定するというのです。

 

今までは運転免許証の色でしか運転技術は判断できませんでしたが、将来はもっと正確に一人ひとりのドライバーの運転技術が評価されるようになるかもしれません。

 

一見金融とは関係ないような業界も、フィンテックが進化すればすべて繋がっていくようになるのですね。

 

将来的には普段の食生活のデータも取られて、生命保険料が決まるようになるかもしれませんよ。

 フィンテックの将来はやばい

f:id:cardloantimes:20170310120845p:plain

  •  人口知能のFPが活躍するようになる
  • 企業の会計処理もクラウド上で済むようになる
  • ビットコインの価値も値上がりしそう

 

フィンテックが進化していけば、この記事で紹介したこと以外でも、さまざまな変化が訪れます。

 

ビットコインの価値やインフラが整っていけば、銀行さえ必要なくなるかもしれません。

 

日本で初めてお金が生まれてから1400年ほど経った今、金融業界は大きな変化の時を迎えようとしているのかもしれませんよ!

 

ということで、フィンテックの進化によって、私たちの生活はどのように変わるのか?というお話でした。

カードローンに頼る人は想像力が貧困

今回も、人々の生活に巣食う「借金」についてお話します。

借金という泥沼は、一度はまり込んでしまうと抜け出すのが難しいもの。

現在の日本でも多くの人が、キャッシングを利用してお金の借り入れを行っています。

プロミスやアコムなど、大手消費者金融が株主向けに毎月発表している「月次報告書」をみれば、一月にどれくらいの新規申込者がいるのか知ることができます。

一例として、2017年1月の月次報告書をここに載せておきます。

  • アコム新規申込:39,500件
  • アイフル新規申込:31,616件
  • プロミス新規申込:36,567件

3社の中で もっとも新規申込者が多いアコムなんて、一ヶ月で約4万件もの新規申し込み件数が記録されています。ここからアコムの審査に通過する人は、およそ新規申込者の4割ほどですが、それでも毎月カードローン利用者はこれほどの数いるのです。

もっと他の消費者金融のキャッシング利用者、銀行カードローン利用者の数を合わせれば、その利用者数はさらに多くなるでしょう。

一時期、「貸金業法改訂」などで利用者がかなり少なくなった消費者金融のカードローンですが、消費者金融のイメージアップ戦略や、熱心な広告活動などの甲斐あり、利用者数は再び上昇傾向にあります。

f:id:cardloantimes:20170310111505j:plain

借金の理由は「遊ぶ金欲しさ」など情けないものが多い

日本貸金協会が行っている調査に寄ると、キャッシング利用者における、キャッシングで借り入れたお金の一番の利用目的は、「趣味/娯楽(レジャー、旅行を含む)費用」ということでした。

資金需要者等の借入れに対する意識や行動に関する調査結果報告

つまりわかりやすく言えば、カードローン利用者の多くが「遊ぶ金欲しさにお金を借りている」ということです。

またこの調査によれば、「ギャンブルにかける費用」を借り入れる目的の人もまた別に一定層いることがわかります。

ただでさえ「無駄遣い」と判断されやすいギャンブル費用などのお金を、わざわざキャッシングを利用して借り入れるのは、個人的には「おかしい」と感じてしまいます。

しっかりと未来を予見できる想像力があれば、借金にはまず頼らない

キャッシングを利用してお金を借り入れる人がお金を借りる理由は、「近い未来に使うお金」が欲しいからです。

確かに消費者金融などのカードローンを使えば、「近い未来に使うお金」はすぐ手に入るでしょう。消費者金融のキャッシングは、無人契約機を使えば申込んだ当日お金の借り入れが可能になるからです。ですが問題はもっとその先の未来。

「借り入れたお金をすべて使い終わり、借入先から返済を求められている未来」です。

返済は重くあなたの生活を圧迫します。収入の中から一定額返済と利息の支払いにあてるお金を用意しなくてはならなくなるからです。

「借りたお金で楽しく趣味やギャンブルに興じる」未来は一瞬で終わり。その後の未来は借金返済のせいでひたすら暗く、苦しいものです。

その借金返済に苦しむ未来を予見する「想像力」があれば、まず「遊ぶお金が欲しいから、カードローンで借金をしよう」という発想は出てこないはずなのです。

借金に頼らなくて良いような、より良い金銭状況を手に入れるためには、「想像力」が必須項目なのです。

「未来に役立つ想像力」を鍛える5つの方法

f:id:cardloantimes:20170310111606j:plain

さて、ここまでは「借金に頼る人は想像力が乏しい」というお話をしましたが、ここからは「より良い自分の未来を想像するための想像力を鍛える方法」についてお話します。

借金に頼るような、想像力の乏しい人間になる前に、しっかり想像力を鍛えておきましょう。

 フィクションに触れて想像力を育む

想像力を鍛えるために一番簡単な方法が、「なんでも良いので物語に触れる事」です。

映画や小説、ドラマや演劇など、誰かの想像したフィクションと深く関わることで、自分の想像力がとても強く刺激されます。

中でもおすすめなのはやはり「小説」でしょうか。活字だけで登場人物の動きや情景を頭の中に思うかべることで、小説を読んでいる人の想像力はとても逞しく成長するはずです。

しかし小説を読むのは時間がかかるもの。それなら気軽に家で見れるドラマなんかもおすすめです。今放送中の「カルテット」なんて、人間同士のかかわり合いに思いを馳せることができる、とても良いドラマです。

hiko1985.hatenablog.com

 

2 積極的に人とコミュニケーションをとる

人とコミュニケーションをとる際には「想像力」が必須項目です。

特に初対面同士の会話なんて、「この人はどんな人なのか」「今の言葉の真意は」「私にどんな印象を持っているのか」など、想像する余地はとても多いです。

得てして想像力の乏しい人は、このコミュニケーションが不得手な人が多い印象です。

3 心理ゲームに興じる

ポーカーなど、対戦相手の心情、思惑を読み合う「心理ゲーム」を楽しむのも、想像力を高める上で有効です。

ポーカーと実生活が強く関わり合っていることについて、このブログでも後日言及したいと思っています。

 新聞を読む

日々のニュースを新聞で知るのも、想像力を鍛える上で有効です。

まず、「紙面で文字を追う」だけで想像力が強く刺激されると言われています。さらに新聞を読んでいると、ニュースの裏に潜んでいる情報に考えを寄せる要素があります。

ただぼーっとテレビのニュースを眺めるのではなく、想像力を鍛える上でおすすめなのは「新聞でニュースを追いかける」ことなのです。

 ファッションに興味を持つ

実は、「ファッション」と「想像力」は強く関わり合っています。

オシャレを楽しむには、「この服を着ると自分はどう見えるのか」「自分に合う服はどれなのか」など、多くの問題への想像を強いられます。

さらに、「今流行っている服装はどんな服装なのか」など、流行を追いかける情報リテラシーも身につきます。

現代は「想像力たくましい人」がお金持ちになりやすい時代

f:id:cardloantimes:20170310112326j:plain

現代社会は、未来を正しく想像できる、「想像力のたくましい人」がお金持ちになる時代です。

「現在の収支だと、今後の自分の経済状況はどうなるのか」という自分の生活に根付いたものから、

「今後株価が上がってくる銘柄はどれか」という投資についての想像力。資産運用なんかも、今度や未来への創造が強いられますよね。

違う観点から見れば、「自分と深く関わっているこの人は、将来自分にとってどんな存在になるのか」という対人への想像力も、自分の経済状況に関わる問題だと言えるでしょう。

想像力を鍛えて、自分の未来を想像し、さらに良い未来とするにはどうすればいいか、借金に頼らない未来への「対応策」も創造できたらいいですよね。

 

いかがだったでしょうか。

「カードローンで遊ぶ金を借り入れる人の想像力が乏しい」という話と、「想像力を鍛えるための方法」についてお話しました。

しっかりと自分の未来を創造する想像力を鍛えて、「お金に困らない幸福な未来」を手に入れましょう。

時間選好を抑えて貧乏から抜け出す方法

f:id:cardloantimes:20170303165228p:plain

みなさん、貧乏って嫌じゃないですか?

お金がなかったら、美味しいものも食べられないし、楽しいこともできないから嫌ですよね。

おそらく大多数の人間が僕と同じ考えだと思います。

rootport.hateblo.jp

僕は先日Rootportさんの「デマこい!」にアップされた記事を読んで、とても感銘を受けました。

この記事では貧乏になる人は、「時間選好」という習性が強いと説明されています。

ヒトには「時間選好」という習性がある。何かを消費する際に(他の条件がすべて同じなら)後で消費するよりも今すぐ消費することを好むという傾向のことだ。「報酬を遅延させる能力」とは、時間選好を抑え込む能力だと言い換えられる。

確かに身の回りにいる収入の低い人たちって、とにかく無駄遣いが多いですよね。

地方のヤンキーがローンを組んで外車に乗りたがるのも、時間選考が強いと考えれば納得です。

f:id:cardloantimes:20170303165459p:plain

 しかし↑の記事では、肝心な「時間選好」を抑え込む能力を伸ばす方法については解説されていませんでした。(もちろん素晴らしい記事だったのですが)

そこで今回はどうすれば時間選好を抑え込み、貧乏から抜け出すことができるのか。

色々と調べてきたのでご紹介しようと思います。

コントラフリーローディング効果で我慢する癖をつける

f:id:cardloantimes:20170303165616p:plain

 動物の脳は苦労せずに手に入れたものよりも、苦労して手に入れたものの方が価値を感じるという傾向があります。

これはコントラフリーローディング効果とよばれ、人間だけでなく犬や猿などの動物にも同じ傾向が見られるそうです。

 たとえばネズミにお皿に入った餌と、レバーを押さなけれな出てこない餌を同時に与えた場合、レバーを押す確率の方が高いとのこと。

動物の脳みそは苦労して手に入れたものに、快感を覚えるように出来ていることが分かります。

しかし時間選好が強い方にとって、我慢するというのは大変な苦労です。

なんせこれまでの人生において、苦労して何かを手に入れた経験が圧倒的に少ないのですから。

我慢をするという選択肢すら出てこないこともあります。

時間選好を抑えるためには、小さなことからでいいので、苦労をして何かを得るという経験を積み重なっていくことが大切です。

まずは100円貯金から

f:id:cardloantimes:20170303165711p:plain

たとえば毎日100円ずつでいいので、貯金箱にお金を貯める習慣をつくりましょう。そして月末にはちょっと贅沢なものを食べるのです。

100円貯金をする習慣を続けていくと、100円ではなく200円でも生活に支障がなく、月末にもっと贅沢できることが分かるはずです。

そして毎日200円貯金していけば、いずれ銀行に預けた方が、利子を貰えてお得であることも実感します。

普通預金口座にお金を貯めるようになれば、今度は定期預金を利用した方が利子がお得であることを知ります。

するとただ預金するのではなく、貯蓄性の高い投資にお金を回した方が、メリットが大きいことを勉強するようになります。

始めはレバーを押したら出てくる餌程度のもので構わないのです。

少しずつ苦労して報酬を得る快感を脳みそに習慣づけていくことが、時間選好を抑えるコツだと思います。

ジョン・レー「資本の社会学的理論」から学ぶ

f:id:cardloantimes:20170303165810p:plain

 19世紀初期にジョン・レーという経済学者が、「資本の社会学的理論」いおいて、人間の貯蓄欲求に関する心理的要因を、2つの促進要因と2つの阻害要因に分けて定義しました。

貯蓄を促進する要因は以下の2つです。

1、遺産のための貯蓄

子孫のために貯蓄をして遺産を残そうとする意欲です。

これは20代~30代のうちは、なかなか考えられそうにないですが、子どもを持つと確かに貯蓄への意識は高まりそうです。

また一人でお金を貯めるのは大変ですが、パートナーがいれば一緒に頑張ることができることも多いと思います。

ちなみに一般的には、時間選好への意識は子どもの頃が一番強く、大人になるにつれて弱まると言われています。

しかし子どもの頃にちゃんとしつけをさえていないと、時間選好が強いまま大人になってしまい、貧乏人になるリスクは高くなります。

お金に余裕があるからといって、子どもを甘やかしてはダメということですね。

 2、自制心による貯蓄

将来の利益や想定される出費に備えて、貯蓄をしようとする意欲です。

この心理的要因はずばり時間選好の強い・弱いが大きく影響しますね。

お金を散財する、無駄遣いをする癖が強いと感じる方は、マネーライフプランニングを行って、将来必要になるお金を計算してみるといいですよ。

日本FP協会の公式サイトから、無料でライフプラン診断ができるのでおすすめです。

www.jafp.or.jp

将来の利益のために貯蓄するのは難しいという人でも、将来の出費に備えるための貯蓄ならできるという人も多いでしょう。

 3、人生の不確実性

人間は病気や災害など、人生の不確実性を感じると貯蓄する意欲を失ってしまいます。

治安や環境の悪い土地に住んでいる人に比べて、安全で環境の良い土地に住んでいる人の方が貯蓄率は高まるというデータもあります。

つまり人生の不確実性を感じる環境にいると、時間選好も強まってしまうというわけです。

不健康な生活をしている人や、ブラック企業に勤めている人は、知らず知らずのうちに時間選好を強めて、貧乏になる可能性を高めています。

お金持ちになりたいのであれば、精神的にも肉体的にも健康な環境に身を置くべきだと思います。

 4、今すぐ消費できる欲求に満足をしたい衝動

人間は魅力的なものが目の前に現れると、今すぐ手に入れたいという欲求が生まれます。

 ジョン・レーはこの衝動を、『欲しいものが自分の目の前に現れた時、それは五感を刺激し、それを今消費したときに得られる喜びを非常に鮮明に想像することができる。』と表現しています。

結局のところ、時間選好の強い弱いはイメージ力の問題だと思います。

将来のどのポイントまで鮮明にイメージすることができるのか。想像力がなければ人間は我慢することができません。

そう考えると小説や映画などに増えて、妄想力を高めるというのも時間選好を弱めるために必要なトレーニングなのかもしれません。

お金持ちは難しくても、貧乏人は抜け出せる!

f:id:cardloantimes:20170303170023p:plain

お金持ちになるのは難しいことです。

お金を稼ぐためには、我慢以外にも行動力や運など、さまざまな要素が必要になるからです。

しかし貧乏から抜け出すというのは難しいことではありません。

時間選好を弱めることができれば、数年で貧乏生活から抜け出せるはずです。

無駄遣いを控えるなど抽象的な目標を掲げるのではなく、まずは100円から貯金する。そして時間選好を抑えることを意識するというのは、とても大切なことだと思います。