読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネータイムズ

カードローンから、世界の世情を表すニュースまで。

貧乏だと恋愛できないのか?恋愛は金持ちだけの特権か?その疑問晴らします。

先日、こんなブログ記事が話題になりました。

pha.hateblo.jp

ブログ内で言われているのは、要するに「お金がなくても恋愛は楽しめる」ということでした。「恋愛と結婚は本来お金とは関わりがないものだ」と。

この記事は、多くの人から「物言い」が入りました。「そうだそうだ」という意見から、「それは違う」という否定意見まで。

私の大好きな、「お金」と「恋愛」の話。放ってはおけません。私なりの意見も述べたいと思います。

f:id:cardloantimes:20170421114132j:plain

「恋愛」それ自体は、とってもリーズナブルな楽しみ

ブログ主の意見も一理あります。

確かに、「恋愛」それ自体を楽しむのには、お金は一切かかりません。好き合っている男女がお互いに好意を向けたり向けられたり、一緒に遊ぶことに、一切お金はかからないからです。

しかし問題は、お金がない状態で、それほど好きあってくれる異性とであるかどうか。そしてお金がない状態で、その異性に振り向いてもらえるかどうかです。

多くの人はここで躓いて、「お金持ちじゃないと異性に振り向いてもらうことはできない」という結論に向かってしまいます。確かにお金持ちはそれだけで異性から高評価を得るので、異性からの好意を集めやすいでしょう。

つまり私が言いたいのは、「始めるのは難しいが、始まってしまえばお金はかからない」のが恋愛だということです。

お金の無いデートも、それはそれで楽しい

f:id:cardloantimes:20170421114736j:plain

むしろ、お金がない恋愛も、それ自体は楽しいものです。お金がなくとも、お金のかからない場所にデートへ行ったり、家でダラダラ過ごしたり。お金を使わないで恋人と楽しむのは可能です。

そしてそこには、お金をつかわないなりの楽しみがあるのも事実です。

長期的な恋愛ともなると、お金が無いと厳しい

上では、お金がなくても恋愛は楽しいと説明しましたが、お金が必要になる場面もあります。それは、「長期的な恋愛」です。

例えば、彼氏が貧乏だった時、彼女の立場で長期間付き合いを考えた時、「お金」の条件を求めてしまうもの。

「貧乏な彼氏」には、将来性を感じないからです。

「結婚」を視野に入れるとなおさらお金がほしい

f:id:cardloantimes:20170421115022j:plain

二人の将来を考えた時避けられないのが、「結婚」です。この結婚に必要不可欠なものこそ、「お金」です。二人で共同生活を送る際、一定水準を保つためにはお金は必要不可欠です。

貧乏な結婚生活は苦しいから

ふたりともお金の無い状態で送る結婚生活は、きっと苦しいものでしょう。私は、お金のあるなしに関わりなく、結婚したことがありません。なので、この辺は想像になってしまいます。

お金がないと、例えばいざ二人の子供が欲しくなったときも行動を起こせない。なまじ子供が産まれたとしても、その子自身が不幸になってしまうかもしれないですよね。

その他にも生活にあらゆる制限がかかりそうであることは、独身の私からでも想像に難くありません。

結婚相手にお金がなくとも、二人で助け合っていけるのでは?

ですが、こう考える人もいるでしょうか。

「お互い貧乏同士の結婚でも、二人で支え合っていけるのではないか」

「支え合っていけるからこその、結婚ではないのか」

これは正解であり、間違いです。確かに愛し合っている二人なら、お金の問題はお互いに助けあえる部分も大きいでしょう。

しかし、お金がないと、心に余裕がなくなっていくもの。

お金が無いと、お互い余裕がないためピリピリすることでしょう。きっと細かい諍いも多くなってしまう…なんてことになるのでは。

細かい喧嘩が絶えず、その末に破局…なんてことになりかねません。

貧乏な結婚にはきっと「覚悟」と「愛情」が求められます

f:id:cardloantimes:20170421115207j:plain

二人とも貧乏にあえぎながら送る結婚、そこにはきっと大きな愛情と、ずっとお互い支え合うのだという覚悟が必要になるでしょう。

逆に言えば、その覚悟と愛情が無い相手とは、結婚するべきではないとも言えるでしょうか。

「短期的な恋愛」はお金が無くても楽しいが、「長期的な恋愛」はお金が無いと苦しい

まとめると、今回私が言いたかったのは、「恋愛にお金は必要ない」という意見は、「正解であり間違い」だということです。

未来を考えない、純粋な「好き」だけで成り立たせる恋愛ならば、お金がなくても楽しむ術はあるでしょう。

しかし、恋愛は期間が長くなれば長くなるほど、冷静になってくるもの。そして冷静になった後の、長期的な恋愛となると、お金がないと苦しさと不自由さを感じるのは間違いありません。

恋愛に関してお金は絶対必要ではないものの、あるに越したことはない。お金があれば楽しみも安心も、お金がない状態を比べると格段に増える…ということが言いたかったのです。

恋愛の形も十人十色。そのカップルごとに違いますよね。ですがあえて今回は、十把一絡で扱うべきではない、デリケートな問題に踏み込んでみました。

休日を家で過ごして無駄にするくらいなら「競馬場」に行ってみよう!

こんにちは。

 

皆さん、週末はいかがお過ごしでしょうか?

 

もしかして「予定もなく家でごろごろしていたら休日が終わった…」なんてもったいない過ごし方をしてはいませんか?

 

f:id:cardloantimes:20170420181433j:plain

それ、本当にもったいないですよ。過ぎた時間は返ってきませんからね。

 

「偉そうなこと言って。じゃあ何すりゃいいんだ」って?

 

そうですね。『百聞は一見に如かず』と言いますし、とりあえず外に出ましょう。

 

そしてまだ行ったことがないなら、ぜひ一度「競馬場」へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

「競馬?ギャンブルはお金がないし無理…」と思考停止する前に、この記事に目を通してください。

 

誰でも競馬を楽しめる4つの理由

f:id:cardloantimes:20170420183006j:plain

まず始めに言えるのは、競馬を100%楽しみたいなら絶対に「競馬場に行かなければならない」ということです。

 

競馬場にいない時点で楽しさは8割減と言っても過言ではありません、マジで。

 

今回は、老若男女誰でも競馬を楽しめる理由について、私自身が個人的に感じたことを皆さんにお伝えしたいと思います。

 

①お金を賭けなくても楽しめる場所

f:id:cardloantimes:20170420175834j:plain

「ギャンブルが嫌」という方に先に伝えたいのは、「競馬場」そのものはお金がなくても楽しめる場所だということです。

 

競馬のイメージとしては「スポーツ観戦」に近いものがあります。

 

競馬場の入場料はなんと「200円」で、レースはすべて自由に見ることができます。

 

けれど馬券を買わずに馬を見るのも良し、馬の写真を撮るのも良し(フラッシュは×)、施設内にある食堂でご飯を食べるも良し、広場や公園で遊んだりデートするのも良いのです。

 

ただなにより、競走馬を生で見たことがない方は、その大きさと迫力に度肝を抜かれること間違いありません。

 

競走馬って大きい馬は500㎏以上あるんですよ。いわばアスリートなわけで、間近で見る馬体は想像よりもめちゃくちゃデカいです。

 

歩いているときは愛らしさすら感じますが、レースになれば一変、競走馬がコースを駆ける音や観客の歓声はスポーツそのものです。

 

②若い男女や家族連れも多い

f:id:cardloantimes:20170420180037j:plain

また、競馬場のイメージとして「怖いおじさん」が多いと考えている方は多いと思います。

 

ただ先ほども言ったように、競馬場という施設そのものが大きいのでまったく気になりません。

 

最近では『UMAJO』等のCMの影響か、むしろ「若い男女」や「家族連れ」が意外とたくさんいることに驚きます。

 

いわば「入場料200円で1日楽しめる大きなアミューズメントパーク」みたいなものです。

 

施設内の公園広場では、タレントさんのトークショープリキュアショーをやっていたりするので、競馬以外にも楽しめるわけです。

 

③有名人を間近で見ることができる

f:id:cardloantimes:20170420194047j:plain

ご存知の方もいるかもしれませんが、タレントの笑福亭鶴瓶さん、瑛太さん、有村架純さんが競馬のCMに出演しているのを見たことはありませんか?

 

CMに出演しているだけでなく、大きなレースの際は実際に競馬場へ来て、間近で彼らを見ることができます。

 

他にも、プロ野球選手の田中将大さん、元選手の佐々木主浩さん、山本昌さんなど、各界の著名人がいることも多いです。

 

また、年に2回ある「天皇賞(春・秋)」というレースでは、天皇皇后陛下が実際に競馬場へおいでになります。

 

④パチンコと違って競馬は「健全」

f:id:cardloantimes:20170420180945j:plain

健全はちょっと言い過ぎたかもしれませんが、競馬は100円から楽しめるギャンブルでもあります。

 

馬券は最低100円から購入することができ、自分で買う金額を調整しながらレース観戦をすることができます。

 

これがパチンコなら、最低でも1,000円以上、平気で10,000円ペースでお金をつぎ込むことになります。

 

何より、パチンコには「当たる」以外の楽しみがありません。それが競馬との大きな違いです。

 

ちなみに極端な例にはなりますが、「競馬はロマン」と言われることがあるように、100円の馬券が思わぬ高配当になることがあります。

 

あるレース(※)では、100円の馬券が「29,832,950円」(約3,000万円)になったことがありました。(※2012年8月4日 5Rメイクデビュー新潟)

 

こんなことは滅多に起こりませんが、100円の馬券が10,000円になることは結構な確率で起きますよ。(実体験)

 

 

 

ここまで読んでみて、いかがでしたか?

 

まだまだ語りたいのですが、『百聞は一見に如かず』。まずは競馬場に行ってみて自分の目で見てみた方が早いです。

 

競馬は毎週行われているので、レースを開催している競馬場へ行けば、目の前で競走馬たちを見ることができます。

 

毎週見ていると、お気に入りの競走馬やジョッキーを見つけて追っていくうちに楽しくなりますし、馬の血統なんかも奥が深いです。

 

昨今では、かの有名な『ディープインパクト』の子どもたちが多数活躍しているので、ぜひ一度生の競馬を楽しみに、競馬場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

カードローンで借りたお金を賢く使って人生をより良いものにしましょう

カードローンで借り入れたお金は、借り入れた本人が自由に使っても良いお金だということを、みなさんはご存知でしょうか?

マイカーローンや教育ローンなど借り入れたお金の使いみちが限定されるローンが多い中、借りたお金を自由に使うことができるローンは、カードローンとフリーローンくらいなものです。

フリーローンは振込での借り入れですが、カードローンはカードさえあればいつでもATMから借り入れ可能なことを思えば、利便性はフリーローンよりさらに上です。

上手にカードローンを活用して、あなたの人生をより良いものにしてください。

 

カードローンで借りたお金は本当に自由に使えるのか?

f:id:cardloantimes:20170413155726j:plain

まず、カードローンで借りたお金は本当に好きに使って良いのか?という疑問にお答えします。

これは間違いありません。本当です。

私の友人が、カードローンで借りたお金でパチンコしてたのを見たので、これはわかっています。

借りたお金をどのように使っているのか、消費者金融や銀行が見張ることは実質不可能です。借りたお金で犯罪でも起こさない限り、債権者側から怒られるようなことは無いはずです。

カードローンを活用する例1:手持ちが足りなくてずっと我慢してた買い物

「カードローンで借りたお金は自由に使える」このポイントを活かしたお金の使い方でおすすめしたいのはまず、「ずっと我慢してた買い物」を行うというものです。

金額が大きい買い物となれば、「クレジットカード」での買い物も思いつくかもしれませんが、金額が大きい場合利用する「リボ払い」は危険です。

リボ払いで支払いを続けるくらいなら、「カードローン」の方が金利が低く、はるかに安全です。

大きな金額の買い物のタイミングで行うカードローンの借り入れは、かなりおすすめです。

カードローンを活用する例2:借りたお金で宝くじを買う

借りたお金で宝くじを買うこと、考えたことあるでしょうか。ギャンブル性の高いカードローン利用となってしまいますが、ギャンブル目的のカードローン借り入れもまったく禁じられていません。

うまく当てれば、大きなバックを期待できるため、あながち悪い考えでもないと思います。

「勝負時」を感じている方は、カードローンで借り入れたお金で宝くじの購入も、一度考えてみて良いのでは?

カードローンを活用する例3:思い立ったその瞬間に遠出

あなたはもしかして、日々の日常生活の中で鬱憤が溜まっているのでは?

鬱憤が溜まっているのは、現代社会人のほとんどがそうです。私もそう。みんなそうなのです。

そんな毎日が続いていると、頭をかすめる思いが「どこか遠くへ行きたい」というもの。

そんな時にもあなたを助けるのが、「カードローン」です。カードローンは即日融資に対応しているものも多いので、会社に行く電車を降りて、その日のうちにお金を借りて、借りたお金で遠出…なんてのも良いのでは。

カードローンを活用する例4:足りない生活費の補填

生活費が足りなくなると、食費、光熱費の不足によって、極端に言えば「生命の危機」にひんしてしまいます。

生命維持のためにも、借り入れ目的自由なカードローンを利用して「生活費の補填」を行ってください。

カードローン利用者の借り入れ目的第一位が、この「生活費の補填」です。

再びクレジットカードの例を出すと、クレジットカードのキャッシングも同じく借り入れる目的が自由ですが、継続的に借り入れる予定があるなら「カードローン」の方が借りやすく返しやすいです。

カードローンを活用する例5:お金が財布に入っている感覚を知る

カードローンでお金を借りて、そのお金を一度財布に入れてみて、「お金持ち気分」を味わってみるのはいかがでしょうか。

お金の感覚に疎い人。お金を持っている感覚から遠い人は、不思議とお金に恵まれません。お金をたくさん持っているのはどんな気分か、一度知ってみると、お金が身体に馴染んで自然とお金持ちになれるかもしれませんよ。

カードローンで借りたお金を即日返済すれば、一切利息は請求されません。

ちょっとした余暇の息抜きに、「カードローンでお金持ち気分」を味わってみるのはいかがでしょうか。

f:id:cardloantimes:20170414110235j:plain

「人生を好転させるきっかけ」としてのカードローン利用も検討してください

「使えるお金が少ない」と嘆いて、自身の選択肢を狭めたままでは、あなたの人生が小さくなってしまいます。

その後の人生ずっと、カードローンに頼るような生活では良くないです。ですが、「人生を好転させるきっかけ」としてカードローンの借り入れを行うのは悪くないと思います。

上手にカードローンを使って、その後の人生をより良いものにしてください。

新社会人必見!お金のことが学べる映画7選をまとめてみた

 

こんにちは、突然ですがみなさん映画は見ていますか?

 

私は先日「モアナと伝説の海」を見てきました。

とにかく映像が綺麗!さすがディズニーといった感じでした。ストーリー展開もスリル満点で面白かったですよ。

ただ映画って小説のように空いた時間に読み進めていくわけにはいかないので、社会人になるとなかなか見る機会が減ってしまいますよね。

「大学時代は結構見てたけどね~」「最近映画見てないな~」というのは、社会人あるあるの一つです。

 

そこで今回は、どうせ見るなら勉強にもなった方がいいだろうということで、お金のことが学べる映画7選をご紹介。

とくに今年の春から働きはじめた新社会人の方は、時間と体力のあるうちに面白い映画を見ておくことをおすすめします。

ウォール街

 f:id:cardloantimes:20170413175215j:plain

株やFXなど投資の世界を知りたいという方が、まず見なければならない作品です。

若き証券マン・バドとやり手の投資家・ゲッコーが、証券業界で様々な策謀を繰り広げるスリル満点の物語です。

今作品の影響でアメリカでは証券業界の求人倍率が上がり、ゲッコーのスタイルを真似る中年男性が急増したそうです。

バド役を演じたチャーリー・シーンですが、まさか30年後に自分が破産してしまうとは思いもしなかったでしょうね。

お金って怖いです。

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

f:id:cardloantimes:20170413175420j:plain

リーマンショックはなぜ起きたのか、そして世界にどんな影響を与えたのか。

金融の専門家や政治家たちのインタビューを交えて、真実を暴いていくドキュメンタリー映画です。

リーマンショックサブプライムローン問題って、名前は聞いたことがあっても、実態は分かっていないという方が多いのではないでしょうか。

インサイド・ジョブを見れば、今の経済がいかに脆い制度なのかよくわかると思います。

ちょっと眠たくなる作品ですが勉強なりますよ。

闇金ウシジマ君

 

f:id:cardloantimes:20170413175516j:plain

闇金業界をリアルに描いた漫画・ウシジマ君の映画化作品です。

借金に追い込まれた人間の心理描写がエグく、絶対に闇金だけは利用しないと心に誓えるので、新社会人のみなさんにはおすすめです。

すでに借金を作ってしまったという方は、とりあえずウシジマくんを見て、明日から返済を頑張りましょう!

個人的にはPart1が一番面白かった気がします。

マネーボール

 f:id:cardloantimes:20170413175546j:plain

ブラッドピット主演の、実際に起きた弱小メジャー球団の快進撃を描いた作品です。

ヤンキースの年棒総額1/3しかないアスレチックスが、全球団最高勝率を残すことができた秘訣は、セイバーメトリクスという統計学を用いた戦術にありました。

日本のプロ野球界では、日本ハムファイターズがこのセイバーメトリクスを駆使しているといわれています。

統計学や確率を正確に把握することは、仕事においても大切なことです。

セイバーメトリクスの考えを駆使することができれば、ビジネスチャンスも見つけることができるかもしれません。

ちなみにセイバーメトリクスによると、2013年のNPBでは、23勝0敗の大記録を残した田中将大よりも、巨人の阿部の方がより勝利に貢献した選手として評価されるそうです。不思議。

ラスベガスをぶっつぶせ

f:id:cardloantimes:20170413175618j:plain

カウントと呼ばれる、ゲームで使われたカードの数字とマークを記憶する技術を使い、ラスベガスのブラックジャックで大儲けしようと企てる天才集団の物語です。

現実世界でもマサチューセッツ工科大学の学生がチームを作っており、実際にラスベガスで荒稼ぎしたそうなので驚きですね。

原理的には一人でもブラックジャックのカウントは可能なので、一獲千金を夢見る方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに簡単なコツさえ掴んでしまえば、仲間内でのブラックジャックであれば、高確率で勝てるようになります。

ぜひ実践してみてください。

TIME

f:id:cardloantimes:20170413175655j:plain

お金の代わりに時間(寿命)を貨幣とするようになった世界を描いた作品。

まさに時は金なり、を体現した映画で、設定だけで色々な想像が広がりますね。

作中では貧乏人はいつも走って移動するのに、お金持ちはどんな時でも走らないんです。これがすごく心に残っているんですよね。

お金が時間に変わっただけで、現実世界の貧富の差と何も変わりません。資本主義経済のあり方について考えさせられる作品です。

元AKB・篠田麻里子さんの伝説の吹き替えも必見です!

スラムドッグミリオネア

f:id:cardloantimes:20170413175743j:plain

インドの貧困層で生まれた若者が、クイズ番組に出て次々と問題を正解していくお話。

なぜ無学の男がクイズに正解することができるのか―、彼の語る生い立ちと背景は壮絶すぎて、日本人の僕たちには想像できない世界です。

日本で生まれた私たちの生活がいかに恵まれているのか、この作品を見れば今の自分の幸せを再確認できるはずです。

アカデミー賞を総なめした傑作なので、見て損はないですよ!インド映画ならではのラストシーンのダンスも注目です。

 

 

ということで、いかがでしたか?

 

今回は新社会人にもおすすめする「お金のことが学べる映画7選」をまとめてみました。

映画は文章だけの小説とは異なり、映像や音楽も合わせて心に直接メッセージを響かせてくれます。

なかなか映画一本分の時間を確保するのは難しいと思いますが、人生をより豊かにするためにも、せひ今回紹介した映画を見てみてください。

ちなみに以前の記事でお金のことが学べる小説も紹介しているので、気になる方はぜひご覧になってくださいね。

これからのSEOに求められているのは「女子力」です。検索上位を狙うなら女子力を身につけましょう

私は今働いている会社で、「SEO」を担当しています。

SEOとは、”Search Engine Optimization”の略。

そしてSEO対策とは主に、Google検索エンジンアルゴリズムを解析して、自サイトを検索上位に表示させる試みですが、これが難しい。

なぜならGoogleアルゴリズムは一般向けに公開されていない上、日々システムが変わっていくのです。そこに適応しろと言われても無理な話。

…しかしここで音を上げているわけにもいきません。なんとか検索上位に食い込まねば。

f:id:cardloantimes:20170407113726j:plain

SEO対策では、何が求められているのか?

最近のSEO対策では、UX(ユーザーエクスペリエンス)や、検索ニーズに応えていることなどが求められます。以前のように、「ロボット相手」に対策を立てても、検索上位に上がることはできなくなっているのです。

ユーザーに優しいサイト構造…ニーズに応えたサイト内コンテンツ…これらの情報を踏まえて私は、どうやら現在のSEO対策で必要なのは「女子力」ではないかという結論に辿りつきました。

これからのSEO対策は「女子力」の時代

f:id:cardloantimes:20170407113751j:plain

では具体的に、どうしてSEO対策が女子力と結びつくのか。その根拠を説明したいと思います。

ちなみに、私はれっきとした男性であります。そっちのケもありません。

SEOで大切な要素1:共感力

女子力の高い女子は、得てして共感力が高いものです。こちらの意見、言葉に賛同して、その上で時折優しい意見をくれる。私にとって、女子力の高い女子のイメージはこんな感じです。

これらの要素は、WEBサイトのコンテンツ作りでもかなり重要。まず検索ユーザーの悩みや疑問に共感して、しっかりその言葉を受け止めた上で、優しく解決策を示す。最近検索上位に上がっているページを見ると、こんな内容のページばかりです。

つまり、SEO対策で大切なのはまず、強い「共感力」です!

SEOで大切な要素2:コミュニケーション力

上の「共感力」とも似ていますが、女子力と「コミュニケーション力」は切って離せないものです。コミュニケーションと言っても意味は広いですが、ここで言うのは、「相手が何を欲しているのか」「何を考えているのか」を正しく理解して、それに応える力という意味です。

女子力の高い女子は、相手の要望に応えながら会話したり、行動したりしますよね。この「相手に合わせる」というのが、最近のSEOで重要です。

SEO対策でもこの、「相手に合わせて動く」という要素がとても重要です。

SEOで大切な要素3:見た目のきらびやかさ

女子力の高い女子は、ハッキリ言って男の私からみて「かわいい」です。それは、彼女らがかわいくなろうと努力した結果であり、褒められるべきポイントです。

サイト作りでも、「サイトの見た目を華やかにしよう」という努力を求められます。

とはいえ、見た目が綺麗で見やすければ、それだけで検索順位が上がるわけではありません。それによってサイト訪問者のUXに影響が出るのです。ページ滞在時間が伸びて、もしかしたらSNSの拡散も狙えるかもしれません。

どのジャンルでも、検索上位に上がっているサイトで、サイトの見た目が貧相なサイトは少ないですよね。

女子力の高さはモテ力に帰結

f:id:cardloantimes:20170407113851j:plain

書いていて思ったのは、女子力の高さはそのまま「モテ」に直結するということでした。

わざわざ改めて言う必要も無いかもしれませんが、女子力の高い女子は、かなりモテます。

男性の言葉に共感して、気持ちいいコミュニケーションを取ってくれる。しかも見た目はかわいいとあれば、世の男性がそのキラキラ女子を放っておくわけがありません。

私は過去の記事で、SEO対策について考える時は「女性を口説くのをイメージしろ」と言いました。

cardloantimes.hateblo.jp

これは男性の視点から「SEO対策」と「モテ」を考えた内容でしたが、今回のように女性の観点から、「女子力」目線でSEO対策を考えてみるのも面白いかもしれません。

お金について学べるおすすめ小説5選をまとめてみた

f:id:cardloantimes:20170406163543j:plain

みなさん、最近小説を読んでいますか?

社会人になると仕事が忙しくて、ビジネス書には目を通すけど、なかなか小説を読む気にはならないという方も多いのではないでしょうか。

しかしイギリスのサセックス大学の研究チームによると、読書をすることでストレスの68%は解消されるとか。(とくに小説)

www.reve21.co.jp

ストレス社会に生きる私たちには、一杯のコーヒーよりも読書をする時間が求められているのです。

そこで今回は、ビジネスマンにもおすすめのお金(経済)のことについて学べる小説をご紹介。

経済小説は外しているので通勤中でも気軽に読めると思います。

どれも実際に読んで面白かった作品なので、最近小説を読んでないな~という方は是非読んでみてください。

海賊と呼ばれた男

f:id:cardloantimes:20170406163000j:plain

永遠の0」で知られる百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」は、2013年に本屋大賞を受賞し、2016年には映画化もされました。

戦前から戦後にかけて日本石油産業を牽引した英雄・国岡鐵造の生涯を描いた作品で、日本が戦後どのように復興したかも史実に基づいて描かれています。

戦後アメリカの占領下にありながら、日本企業が世界と戦うのはどれほど大変なことだったのか。

この小説を読めば、戦後からの日本経済の成長がなぜ奇跡と呼ばれるのか理解できると思います。

石油業界というあまり触れられることのない世界も詳しく知ることができるので、世界情勢を知る上でもおすすめの一冊です。

火車

f:id:cardloantimes:20170406162913j:plain

クレジットカードや消費者金融からの借金によって、自己破産まで追い込まれた女性を描く社会派ミステリーです。

サラ金問題や多重債務問題など一昔の金融業界の闇を描いており、小説として面白いだけでなく借金の恐ろしさも学ぶことができます。

火車は90年代に書かれた作品ですが、現在でもカードローンやキャッシングが原因で、破産まで追い込まれる人は後を絶ちません。

2016年には銀行カードローンの隆興によって、13年ぶりに自己破産の申し立て件数が増えるなど、借金問題はなかなかなくならないのです。

借金について正しい知識を身に着けておくというのは、社会人として当然の義務だと私は思います。

リプレイ

f:id:cardloantimes:20170406163036j:plain

もし未来の知識を持った状態で過去に戻れたら、あなたはどうしますか?

今作品の主人公はある日心臓発作によって倒れますが、目を覚ますとそれまでの記憶を引き継いだまま、高校生時代へと時を遡ってしまいます。

彼は未来の知識を活かして起業し大成功をおさめますが、この作品はただ過去に戻るだけではありません。

以前の人生で心臓発作を起こした日になったとき心臓発作に襲われ、再び過去へと戻ってしまうのです。

繰り返される人生の中で、彼は成功を求めることもなく、ただただ静かな暮らしを求めるようになります。

経済的な成功だけで人は幸せになることはできない。当たり前のことですが、読んだ人の心に何かしらのメッセージを残してくれる名作です。

シンプル・プラン

f:id:cardloantimes:20170406163108j:plain

雪道で墜落した飛行機から440万ドルを見つけた3人は、お金が安全なものと分かれば山分けをするシンプルなプランを立てます。

しかし大金を目の前にすれば、友人や家族であっても正常のままではいられません。

互いに疑心暗鬼になっていき、主人公は誰も信用できないようになってします。

たった半年の間に幾つもの事件が起き、最後には取り返しのつかない悲劇が…。

人生で最も大切なものはお金ではない、というのは誰もが分かっていることです。 しかし人間はお金のことになれば、大切なものを簡単に見失ってしまうのも事実です。

シンプル・プラン目の前の生活を大切にして生きる尊さを、シンプルに教えてくれる作品です。

ゲームの達人

f:id:cardloantimes:20170406163217j:plain

アメリカの経済界で成功した一族を描いた長編小説。

老女の「ビジネスはゲームだ」という言葉から物語は始まり、1880年代のダイアモンドラッシュから現代のアメリカ経済まで、3代に渡るブラックウェル一族の回想がはじまります。

上・下巻に分かれており、かなりのボリュームですが、この作品だけで近代のアメリカ経済の流れを掴むことができます。

現代版の「風と共に去りぬ」ともいえる作品で、世界経済の大まかな歴史を知っておきたい方にもおすすめです。

ビジネスはゲームか?という問いはともかく、主人公一族の目標を成し遂げることへの強い意志は、成功者を目指す人のお手本になるのではないでしょうか。

調べてみて初めて知ったのですが、2000年に日本でテレビドラマ化されていたみたいですね(笑)

南アフリカ満州に置き換えられるなど、大胆なアレンジを加えてるみたいです。

 

…面白くなさそう!

 

ということで、いかがでしたか?

今回は経済小説を抜きにして、お金について学べるおすすめ小説を紹介しました。

借金の恐ろしさ、国内外の経済情勢、そしてお金の大切さなどなど。

小説であればただ情報を得るだけでなく、考え方や感受性も成長させることができます。

最近小説を読んでないな~という方は、ぜひ今回紹介した作品を読んでみてください。

事故でお金は手に入るかもしれないけど、そこで失ったものは一生戻ってきませんよという話

今回の話は今から5年以上前のこと。私がまだピチピチの頃の話です。

ある、6月の梅雨の日。

バイト先の喫茶店へ向かう途中の道で、自転車に乗っていた私は、道路を横断してきた車に轢かれました。

私が事故を起こした道路は、車の制限速度20キロの、住宅街のど真ん中の道。後の調べで、私を轢いた車は、50キロ近く出していたそうです。

車に轢かれる感覚…みなさんはご存知でしょうか。実は私もよく知りません。なぜならその日の記憶は、朝からすっぱり無くなっているのです。恐怖が度を超えると、脳はその記憶を消すのだと、後で脳外科のお医者さんが教えてくれました。

その後脳の記憶が始まるのは、1ヶ月ほど後の話になります。

f:id:cardloantimes:20170331110320j:plain

2ヶ月間の入院のはじまり

私が車に轢かれたのは、学校を卒業した春の終わり。ですが私が病院を退院したのは夏真っ盛りでした。事故した日から2ヶ月間の入院生活の始まりです。

2週間の眠りから覚めた私(その頃の記憶はまだない)を待っていたのは、機能がガタ落ちになった身体を元に戻す作業。日々治療の日々です。

その間は地獄の日々を送っていました。地獄は言い過ぎかもしれませんが、身体の多くが麻痺で動かず、以前できていた動作がまったくできないストレスは、とても大きなものでした。しかも全身の骨がボロボロ。薬はたくさん飲む。つらみ。

私は右利きですが、右手が麻痺していたので、文字を書くこともできませんでした。しかも喉にはケーブルが入ってて喋れない。他人と意思疎通ができない状況です。

そんなひどい有様で、およそ一ヶ月間をすごしました。トイレ、お風呂も、看護師さんにつきっきりで世話されてました笑

f:id:cardloantimes:20170331110440j:plain

治るのか?の質問に「わからない」の回答

入院中ある日私は不安になりました。入院中って暇なのでどんどん考えが暗い方向に行っちゃうんですよね。

私が思ったのは、「俺はずっとこの状態なんだろうか」。こんなひどい状態でこれからの人生送りたくないなあ。そう思った私は担当医に聞いてみることに。

「俺、身体治りますよね?」

「なんとも言えません」

今思えば、嘘でもいいからあの若いお医者さんに「治る」と言ってほしかった。あの会話で私は、「下手したら身体が一生このままなのか」という恐怖と戦うことになりました。

そこから、しばらく睡眠薬に頼る生活がはじまったのを覚えています。

治療費、その他費用は保険金で賄われた

入院費、治療費その他もろもろは、ほとんど保険金で賄われました。例えば入院中買う雑誌などすごく細かい支払いでもすべて、保険金がおりたと記憶しています。

しかしそれで私は「得した」なんて思うことができませんでした。死にかけた恐怖、身体が動かない恐怖、その他もろもろで金銭感覚なんて麻痺していました。

頭がまとまらなくて、看護師さんや、御見舞に来てくれた友人なんかに当たったことがあるくらいです。あの時はみんなに迷惑をかけました…申し訳ない…。

その後裁判へ

f:id:cardloantimes:20170331110618j:plain

今でも信じられないことですが、この事故は軽い「刑事事件」となりました。なんと、高等裁判所での裁判にもつれこんだのです。

退院した私を待ち受けていたのは、「裁判」でした。

私は法廷内で意見陳述を述べることに。

ちなみに私は裁判ではじめて、私を轢いた相手の顔を見ました。加害者の男性が謝りに来たがるのを、親が止めていたからです。

私はそこで加害者の男性を見て、「気が弱そうな人だな」と思ったのを覚えています。

ちなみに、知らない人も多いでしょうが、事件の被害者が裁判に来ると、裁判所からお金をもらえます。なんの名目か忘れましたが、往復の交通費を差し引いてもあまるくらいの金額だったのを覚えています。おそらく、加害者側はもらえてないと思います。

裁判の結果は覚えていますが、はっきり言ってどうでもよかった。あの気の弱そうな男性が、もう人を轢くことが無ければ、それでよかった。重い処罰も望みませんでした。

今あの人はどうしてるんでしょうか。安全運転してくれてるだろうか。

2年間のリハビリ生活と、事故の置き土産

そこから私は2年間のリハビリ生活に入ります。走ったり細かい動作をしたり、脳トレみたいなこともたくさんしました。

そして結論から言うと、現在私は他人から見ると「むしろ健康体」に見まごうくらいの身体になりました。

そして若かった私は多少の保険金で懐が潤いました。

ですが、覚えてないものの、車に轢かれたあの日の恐怖。目が覚めて、身体が動かない恐怖。以前のように頭で考えられない恐怖。強い薬の副作用などで、ひどく辛い思いもしました。私は一生この記憶と、多少後遺症が残ったこの身体と、今後つきあっていくことになります。

これは、いくらお金をもらっても釣り合わないものです。

お金との付き合い方を見直しましょう

お金を手に入れる手段は多いです。悪いこと、自分を切り売りして稼ぐ方法。わざと事故にあって、慰謝料を請求する人も。

ですが、今回の私のようにお金を得ても、そこに喜びも達成感もない。

自分のできること、やりたいことを、少しでも人のために使って、これからの人生を大事に生きていきたいと、私はそう思っています。